デニムは、履き込む(着込む)程に良い味が出てくるアイテムですよね。
反面、避けられないダメージ(やぶけ、穴空き 等)。
放っておけば広がり、ヒドクなるばかり。
「せっかく、良い色落ちに育てたのに引退なんて・・・」
「お気に入りで履きたいのに、ダメージが大き過ぎてチョッと恥ずかしい」 など。

もちろん、新品に買換え、また育てる楽しみもあるのですが。
愛着あるデニム(ヴィンテージ、レプリカ 等)をリペアで再生する事で
気分良く、楽しんで履いて(着て)頂ければと思い。
ご提案、ご紹介をしています。


■ダメージリペア

基本はデニム色に合った糸を数色選び、ミシンでタタキ(縫い埋める)ます。


・ スタンダードリペア ・・・ ダメージ部分をできる限り、目立たなくタタキます。

・ ハーフリペア ・・・  ダメージ跡はやや残ります(ダメージ加工風)。
              *強度に問題ありません

・ 補強 ・・・ やぶけ(穴)が空いてしまう前の補強にオススメです。
         *ハーフよりもザックリ(大きめ)目にタタキます


※裏当布について
  仕上がり、履き心地、ダメージカ所、状態など考慮し、数種類(厚手、薄手)の当て布を使用します。
  デニム地を当布には、基本は使用していません。
   *ご依頼あればデニム地の使用いたします

 

■寸法お直し
・ スソ上げ (シングルステッチ/チェーンステッチ)  

・ ワタリ、裾、丈 つめ

・ ウエスト つめ・出し



【リペアSAMPLE】

(1)お尻 股 モモ・ヒザ
  ジーンズのダメージの中で最も多い場所ですよね。
  モモ、ヒザについては、「履く時に足が引っ掛り、さらにダメージが広がってしまった」など、良く耳にします。

○お尻(スタンダードリペア)


Before





After

○お尻(ハーフリペア)


Before





After

○モモ・ヒザ(スタンダードリペア)


Before





After

○モモ・ヒザ(ハーフリペア)


Before





After

(2)ポケット
  普段の生活の中で出来てしまうダメージです。
  「物が入れられない、物が落ちそうで不安」など。不便ですよね。

○フロントポケット
  ポケット口のST(ステッチ)を入れ直す事で、破けたスレ−キ(袋地)を押え止めます。
  *リベット付近はリペアできない場合がございます


Before





After

○スレーキ(袋地)
  当布をあて、タタキます。(補強位のイメージ)


Before





After

○バックポケット
  ポケット周りのステッチ(ST)を解き、ダメージをリペア後、周囲STを入れ直します。
  *リベット(隠しリベット)等の付近はリペアできない場合がございます。
  *ダメージリペア料金に ST解き、ST入れ直しの料金がかかります (ダメージリペア料金+¥1,000)


Before





After

(3)
  スソ三つ折ST(ステッチ)を解き、ダメージリペア後、ST(シングル or チェーン)を入れ直します。
  *スソSTを外さずにリペアする事もできますが、仕上りが歪んでしまう事が多いです


Before





After

(4)ボタンホール
  ダメージ周囲をミシンタタキ or 手縫い。
  *ダメージ周囲、多少の歪みについてはご了承下さい
  *ボタンホール専用ミシンではありません


Before





After


Before





After

(5)ベルトループ
  基本は作り直します。
  通常タタキの方法よりも仕上り、強度とを考慮し作り直す方法をとっています。
  *デニム色については、違いがでますのでご了承下さい


Before





After


(6)ネオバー(釦)・ジッパー交換


Before





After